ヒルトン、沖縄・瀬底島で20年に新ホテル、21年にタイムシェア

  • 2017年11月13日(月)

13日の発表会見で(提供:ヒルトン・グランド・バケーションズ)  森トラストとヒルトン、ヒルトン・グランド・バケーションズは11月13日、沖縄県の瀬底島に新たな複合宿泊施設を建設する計画を発表した。森トラストが開発を、ヒルトンが約300室のホテル「ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称)」の運営を、ヒルトン・グランド・バケーションズが132室のタイムシェア・リゾートの所有・運営を担うもの。ホテルは2020年、タイムシェア・リゾートは21年の開業をめざす。

 「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」は「ヒルトン沖縄北谷リゾート」などに続く、同県では4軒目のヒルトンの名を冠したホテルで、全室がオーシャンビューとなる予定。館内には2軒のレストラン、ラウンジ、バー、チャペル、会議室、屋外・屋内プール、スパ、フィットネス施設、ビーチハウスなどを設ける。

 ヒルトン・グランド・バケーションズが運営するタイムシェア・リゾートは、1週間単位でキッチンなどがついた客室の所有権を販売する。こちらも全室がオーシャンビューとなる予定で、宿泊者はプールなどリゾート内の全施設を利用することができる。

 なお、ヒルトン・グランド・バケーションズがアジアでタイムシェア・リゾートを運営するのはこれが初めて。同社と森トラストの提携も初めてとなる。ヒルトンと森トラストはコンラッド東京などで協力関係にある。

 瀬底島は那覇空港からは車で約1時間半。沖縄本島北部の本部町と橋でつながっており、沖縄美ら海水族館や世界遺産の今帰仁城跡などの観光地にアクセスしやすいほか、島内の800メートルにおよぶビーチではマリンスポーツを楽しむことができる。

■国内・訪日ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

信じられないものは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ