JATA、てるみ社長逮捕に「遺憾」-弁済手続きは最終段階に

  • 2017年11月8日(水)

 日本旅行業協会(JATA)は11月8日に本誌の取材に応え、てるみくらぶの山田千賀子社長の逮捕について、理事長の志村格氏のコメントとして「旅行業界から逮捕者がでたことは遺憾。警察の捜査で事実が解明されることを望む」と回答した。警視庁は同日、山田社長と同社の元経理担当責任者の2名を、詐欺と有印私文書偽造・同行使の容疑で逮捕している。

 志村氏はそのほか、JATAが引き続き被害者向けに弁済手続きを進めており、年内には完了する予定であることを説明。現在は12月中の返金に向けて最終確認中という。そのほか、再発防止策については観光庁との協議を継続していることなどについても述べた上で、「業界の信頼回復に努めたい」と語った。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
TASA後払い
求人広告
ワンクリックアンケート

仮想通貨を

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2018」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ