てるみ、山田社長など逮捕-株主配当で親会社に3億円

  • 2017年11月8日(水)

 警視庁は11月8日、今年3月に経営破綻したてるみくらぶの山田千賀子社長と元経理担当責任者の2名を逮捕した。同庁によれば容疑は詐欺と有印私文書偽造・同行使で、粉飾した決算書などを示して経営状態が良好であると誤信させた上で、銀行から約2億円の融資を騙し取った疑い。2億円は航空機のチャーターに充てると偽っていた。

 なお、東京商工リサーチ(TSR)の調査によれば、てるみくらぶは2011年9月期からの6年間で、総額3億1000万円を株主への配当として、全株式を保有する親会社のてるみくらぶホールディングス(てるみHD)に流出させていたことが分かった。11年9月期が6000万円、12年9月期が2億円、14年9月期が5000万円。てるみHDの株式の25%は山田社長が保有している。

 山田社長は6日の債権者集会で、粉飾決算に手を染めた理由について「IATA(国際航空運送協会)の資格を守るため」「運転資金の確保」を挙げていたが、配当による親会社への資金流出が明らかになったことで、説明の正当性が疑われることとなる。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

信じられないものは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ