DMOの「連携」とは―大阪でフォーラム開催(1) 地域商社×DMOで稼ぐ体制を

  • 2017年11月2日(木)

 「DMOフォーラム2017」が来年1月にかけて全国6カ所で開かれる。その口火を切る大阪開催が10月10日、大阪市北区の大阪大学中之島センターで開かれ、関西のDMOや観光協会、自治体などから約120人がDMOの現状やあり方、課題を探った。

 フォーラムはDMO推進機構、事業構想大学院大学の主催。大阪会場は関西観光本部も加わった。行政区に関わらない横の連携、都道府県や市町村にまたがる縦の連携といった「連携」の重要性をキーワードに、DMOへの原点からの理解を促そうと企画した。

 基調講演は同機構代表理事の大社充さんが「DMOが抱える課題の整理・解説」を演題に話した。発地主導から地域主導へ、地域一体での観光まちづくりに移行してきた観光振興の変遷を背景に、DMOの意義や求められる役割を解説した。

 大社さんは、観光による地方創生は雇用や適切な賃金の設定などまちを発展させる手段と強調。そのために原材料など地域内調達率のアップなど域外資金の流入を地域にどれだけもたらすかという「地域経営の観点」が重要だと力説した。

 ただ、観光振興の主役は地域となったものの、他産業も含めた地域一体の連動、集客ノウハウの不足、PDCAサイクルの未循環など地域は課題を抱える。

 なかでもマーケティングデータの圧倒的な不足を問題とし「地域における『観光決算書』が必要。まずはデータを取得し現状把握してから戦略を策定するなど、取り組みが成果に結びつく仕組みをつくるべき」と、DMOによる推進体制の強化を訴えた。

 また、地域が自立するためには物品販売や流通促進を担う「地域商社」が必要とも。観光集客や地域経営を役割とするDMO自体は「稼ぐものではない」と断言し、この2つを地域全体としての仕組みとしてもつことで稼げる体制をつくるべきだと提言した。


情報提供:トラベルニュース社

■国内・訪日ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TIC事業継承
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

出国税1000円以内は

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ