JATA、アバンティリゾートの弁済案内開始、限度額7000万円

  • 2017年10月12日(木)

 日本旅行業協会(JATA)は10月12日、11日に営業を停止した会員企業のアバンティリゾートクラブについて、公式サイトで債権者向けに弁済業務保証金制度の案内を開始した。限度額は7000万円。12日午後の時点で負債総額は明らかになっていないが、本誌の取材にによれば、予約済みで未出発の旅行者は国内外に1000名以上いるとの情報がある。

 JATAは認証希望者に対して、11月末を目途に関係書類を発送する予定。弁済手続の終了には、申し込みから8ヶ月から9ヶ月程度を要するとしている。なお、同社を通じて他社の募集型企画旅行を申し込んだ人には、その旅行を企画・実施する旅行会社に問い合わせるよう説明している。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ニュージーランド航空 Great New Zealand Sale
アエロメヒコ航空、成田⇔メキシコシティ ノンストップで毎日運航 メキシコへの高速アクセスはアエロメヒコ航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

10月22日の衆議院選挙には

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ