国内旅行業況、17年3Qは13ポイント減-訪日は2ポイント減

  • 2017年10月2日(月)

 日本旅行業協会(JATA)が8月3日から27日にかけて、会員601社を対象にした旅行市場動向調査で、2017年7月から9月までの3ヶ月間の国内旅行のDI値(※)はマイナス11ポイントとなり、前期(4月~6月)よりも13ポイント減、前回発表した見通しから9ポイント減となった。旅行会社からは「豪雨の影響が顕著で九州方面が低調。関西は若干上向きだが、関東も含め引き続き低調」「夏場は北海道と沖縄の需要が強い」などのコメントが寄せられた。

 業態別では、「国内旅行ホールセラー」が33ポイント増の0ポイントとなったほか、「ネット系旅行会社」「インハウス」が前期を上回った。一方、「総合旅行会社」は33ポイント減のマイナス15ポイントとマイナスに転換。「リテーラー1」「リテーラー2」はそれぞれ20ポイント以上減少した。

 方面別では、北海道が13ポイント増の9ポイントと最も増加したほか、東北、甲信越、京阪神が前期を上回った。最も減少したのは九州で、17ポイント減のマイナス21ポイントだった。顧客層別では、個人旅行の「ファミリー」が20ポイント増の10ポイントとプラスに転じた以外は、前期を下回った。最も減少したのは団体旅行の「職場」で、15ポイント減のマイナス21ポイントだった。

 10月から12月までの3ヶ月間については、国内旅行全体で15ポイント増の4ポイントとなり、プラス転換する見通し。ただし、旅行会社からは「九州方面の需要がまだ戻りきらない。北海道方面が新幹線開業の反動などで前年より落ち込んでいる」といったコメントもあった。

 業態別では、「ネット系旅行会社」が19ポイント減のマイナス46ポイントと減少するが、そのほかはすべて今期を上回る見通し。特に「国内ホールセラー」は引き続き増加し、43ポイント増の43ポイントと最も伸長する見込み。方面別では伊豆・箱根や山陽・山陰がそれぞれ7ポイント増となるなど、9方面の増加を予想する。最も減少するのは北海道で、16ポイント減のマイナス7ポイント。このほか京阪神や四国、奄美・沖縄で今期を下回る見込み。

 顧客層別では、団体旅行が全セグメントで今期を上回る予想で、なかでも「職場」は18ポイント増でマイナス3ポイントにまで回復。個人旅行はファミリーが15ポイント減のマイナス5ポイントとマイナス転換するほか、一人旅も今期を下回る見通しだ。

 なお、2018年1月から3月までの3ヶ月間については、国内旅行全体で16ポイント増の4ポイントと、大幅な回復を予想する。


次ページ>>>訪日旅行は増加へ

※DI値は設問事項に対して「良い」「普通」「悪い」「取り扱いなし」の4つを用意し、集まった回答を数値化したもので、設問事項に対する全体的なトレンドを示す指標となる。すべての回答が「良い」の場合はプラス100。JATAの調査では会員会社にアンケートを実施し、業態、顧客別、方面別にDI値を算出している。

■国内・訪日ニュース

Travelport
求人広告
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

10月22日の衆議院選挙には

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ