全日空、A321neoの初号機受領、9月中旬から羽田国内線へ

  • 2017年9月7日(木)

A321neo型機  全日空(NH)は9月5日、ドイツのハンブルクでエアバス社からA321neo型機の初号機を受領した。同型機はすでにヴァージン・アメリカ(VX)など4社が導入しているが、日本の航空会社が導入するのは今回が初めて。9月中旬から国内線の羽田発着路線に導入する。

 NHはA321neo型機を計22機発注しており、23年度末までにさらに21機受領する計画。全て国内線仕様の機材で、座席数はプラミアムクラス8席、エコノミークラス186席の計194席。プレミアムクラスのシートピッチは約127センチメートルで、電動のリクライニングシートを採用。エコノミークラスのシートピッチは約76センチメートルから約79センチメートルとした。

 同社の国内線使用機としては初めて、全席にタッチスクリーン型の個人用モニターを設置。機内インターネットサービス「ANA Wi-Fiサービス」も提供する。

■国内・訪日ニュース

シンガポール・トラベルマート&セミナー2017
TASA後払い
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

信じられないものは?

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ