楽天、民泊への参入を発表、住宅情報サイトと新会社

  • 2017年6月22日(木)

「楽天LIFULL STAY」のトップページ  楽天は6月22日、民泊事業への参入を発表した。今年3月に住宅情報サイトを運営するLIFULL(ライフル)と設立した新会社の「楽天LIFULL STAY」が、このほど成立した住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行時期にあわせて「住宅宿泊仲介業者」の登録を受け、宿泊仲介サイトの「Vacation Stay(仮称)」を開設する予定。LIFULLの2万2000に及ぶ加盟店ネットワークを活かして、遊休資産の所有者と旅行者を結びつける。

 新会社の本社は東京の大手町に置き、代表取締役は楽天トラベル国際事業長などを務めたのち、現在は新サービス開発カンパニーシェアリングエコノミー事業部ジェネラルマネージャーを務める太田宗克氏が就く。楽天によれば「Vacation Stay」は、開設当初にはLIFULLのネットワークを活かして「数万軒」レベルの民泊物件を掲載する予定。売上高などの目標や、楽天トラベルとの連携などについては、現時点では未定としている。

 LIFULLは1997年にネクストとして創立し、運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」は現在、約800万件の物件を掲載している。楽天とは2002年には資本提携を開始。楽天によれば同社は現在、LIFULLの株式の約2割を保有しているという。

 新会社は、民泊サービスの提供を希望する個人や法人向けに、宿泊施設の準備から運用までを包括的に支援するサービスも構築する考え。また、清掃の代行など、外部パートナーとの協働による代行サービスの提供などにも注力し、取扱物件の拡大をめざす。

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ