国交省、貸切バスの監査方針を改正、悪質事業者に重点化

  • 2017年6月13日(火)

 国土交通省自動車局は6月16日に、貸切バス事業者への監査方針に関する局長通達「一般貸切旅客自動車運送事業の監査方針について」を改正する。昨年1月の軽井沢スキーバス事故を受けて取りまとめられた「安全・安心な貸切バスの運行を実現するための総合的な対策」を踏まえたもので、過去に重大な事故を起こした事業者や重大な事故に結びつく法令違反が疑われる事業者などに対する監視の強化が目的。これらの事業者については毎年度1回以上の監査を実施する。

 同局旅客課によれば、全国に約4500社ある貸切バス事業者のうち、500社から600社程度が監査対象となる見込み。その他の事業者に対しては、このほど日本バス協会により設立された一般財団法人の関東貸切バス適正化センターなど、今年度中に各ブロックごとに指定される適正化機関が巡回指導をおこない、法令遵守の状況を確認する。各適正化機関は、貸切バスの監査に関する経験や知見を持つ、業界人で組織するという。

■国内・訪日ニュース

Travelport
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

海外発のファストファッションといえば

投票する

助成金・補助金情報

「 【秋田県】長距離フェリー秋田航路 旅行商品造成費等助成事業 」
▽実施主体 秋田県環日本海交流推進協議会 ▽補助金交付の対象 旅行会社 ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ