ハイアット、金沢駅前に2ブランド同時開業へ、20年6月に

  • 2017年6月7日(水)

左棟に「ハイアットセントリック金沢」が、右棟に「ハイアットハウス金沢」が入る  ハイアットインターナショナルアジアパシフィックリミテッドは6月7日、2020年6月にJR金沢駅の金沢港口前で「ハイアットセントリック金沢」と、長期滞在型ホテルで日本初上陸となる「ハイアットハウス金沢」の2軒を同時開業する計画を発表した。ともにオリックスが開発を進めている複合施設内に開業する予定で、両社はすでにホテル運営受委託契約を締結している。

 同日に開催した記者会見で、日本ハイアット代表取締役の阿部博秀氏は「1つの複合施設に2つの異なるブランドを同時開業するのは日本では初の試み。金沢の文化やヒト、コミュニティの魅力を国内外に発信していきたい」と意欲を示した。両ブランド共通のターゲットはFITで、加えて「ハイアットセントリック」はカップルや夫婦、少人数グループなどを、「ハイアットハウス」はファミリーやシニア、長期出張者などの利用を想定しているという。

(左から)オリックスの深谷氏、金沢市長の山野之義氏、日本ハイアットの阿部氏  「ハイアットセントリック」は2015年1月に立ち上げた新しいホテルブランドで、テーマは「その街の最もエキサイティングな魅力発信源」。18年には全164室の「ハイアットセントリック銀座東京」の開業を予定しており、「ハイアットセントリック金沢」は国内では2軒目となる。客室数は1階から14階まで約250室を予定し、そのほか2軒の料飲施設や会議場、フィットネスジムなどを設ける。

 「ハイアットハウス金沢」は、隣接する棟の3階から7階までを客室に充て、90室程度を予定。平均で40平方メートル以上の客室にミニキッチンやダイニングテーブル、ソファーや洗濯機などを備え、観光だけでなくビジネス需要も取り込む。料飲施設は1軒のみ。8階から15階まではレジデンスとして使用する。

 オリックス執行役不動産事業本部長の深谷敏成氏は、長期滞在型の「ハイアットハウス」の開業を金沢市に提案した理由を、「金沢の平均滞在日数を2日とするデータがあるが、それはこれまで長期滞在のニーズに対応できる施設がなかったためとも考えられる」と説明。「伝統や文化が豊かな金沢の素晴らしさを感じてもらうには、さまざまな滞在ニーズに応えられる施設が必要。今回の開業は新たなマーケットを創造することになるだろう」と語った。

 稼働率は両施設ともに80%以上をめざしており、訪日外国人と日本人の比率は5割ずつを想定する。平均客室単価は「ハイアットセントリック」が3万円以上、「ハイアットハウス」が2万5000円以上となる見込み。

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ