4月の宿泊業倒産は8件増の11件、負債計52億円

  • 2017年5月14日(日)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、2017年4月の宿泊業の倒産件数は前年比8件増の11件だった。負債総額は36億1700万円増の51億9500万円で、東日本大震災関連の倒産はなかった。11件の内訳は、破産が7件、特別清算が3件、民事再生法が1件。

 負債が最も大きかったのは長野県のホテル雄山で、負債総額は11億6300万円。上山田温泉で「ホテル雄山」や「ホテルグリーンプラザ」、「ホテルプラトン」を運営していた。

 96年7月期には約6億8500万円の売上高を計上していたが、景気後退に伴う企業の団体旅行の減少や、長野新幹線の開通による日帰り客の増加などにより宿泊客が減少。過去の設備投資の負担などもあり、昨年6月には「ホテルグリーンプラザ」と「ホテルプラトン」を会社分割してそれぞれ別会社に譲渡。今年1月に「ホテル雄山」も別会社に譲渡し、事業を停止していた。

 なお、旅行業の倒産件数は3件増の4件で、負債総額は8億3200万円だった。旅行業の詳細は別途記載(下記関連記事)。

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン
カンボジアアンコール航空
ワンクリックアンケート

今年の新入社員で退職した人は

投票する

助成金・補助金情報

「【グアム】グアム団体サポートキャンペーン2017」
▽実施主体 グアム政府観光局 ▽補助金交付の対象 旅行会社(同一団体につき申請...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ