外務省、ベトナムとインドのビザ緩和、最長10年に

  • 2016年2月4日(木)

 日本政府は2月15日から、ベトナムとインドを対象に、短期滞在数次ビザの要件を緩和する。昨年9月の「日・ベトナム首脳会談」と12月の「日・インド首脳会談」でのビザ緩和に関する合意を受けたもの。同ビザの薄給対象者は、商用目的の渡航者や、大学教授などの文化・知識人で、緩和により、2国とのビジネス面での利便性の向上や、リピーターの増加をめざす。

 今回の緩和では、数次ビザの有効期間を現行の最長5年から最長10年に延長する。外務省によれば、日本が最長10年のビザを発給するのは今回が初めて。また、発給対象者について、商用目的の渡航者に対し、現行の「課長相当以上の地位」や「1年以上在職している」などの条件を撤廃。さらに、文化人や知識人の対象に、弁護士や公認会計士などの国家資格が必要な職業の従事者や、国会議員などを追加した。緩和内容の詳細は外務省の公式ウェブサイトで2月15日から公開する。

 なお、同数次ビザの利用は、1回目の訪問の際は商用や学術交流などの目的に限定しているが、2回目以降は観光や親族、知人の訪問を目的とした訪日でも利用できる。

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ