女性役員を旗頭に実行、JTBの働き方改革とダイバーシティ推進

  • 2019年2月14日(木)
-在宅勤務や副業解禁などの働き方に関する取り組み、ワーケーション(休暇における旅先での勤務)やサバティカル(長期勤続者のための使途を問わない長期休暇)などの休暇取得に関する取り組みについて、それぞれの検討・実施状況は

高崎氏高崎 これまでは在宅勤務のための理由が必要で、対象となる社員が限定されていましたが、18年度からは制限を取り払い、誰でも在宅勤務を可能にしました。副業解禁については、将来的に検討していくべき課題と考えています。

 ワーケーションに関しては検討を重ねており、間もなく解禁できると思います。そのほかサバティカルなど新たな休暇取得のあり方についても、検討を進めていきます。

-JTBにおける働き方改革やダイバーシティ推進のゴールとは、どのようなものでしょうか

高崎 改革はその中身を決めている間に、陳腐化してしまう恐れもあります。それを避けるためにはゴールを設定することよりも、とにかく改革を進めることを優先して、走りながら方向性を考え続けていくことが大切です。考え方も含めて、途中でも方向性を変更できる柔軟性が必要だと考えています。

 改革進める姿勢も重要になりますが、「オープン」「チャレンジ」「ファン」をの3つをキーワードとして掲げています。「オープン」は、問題は1人で抱えるのではなく、勇気をもって上司に具申する姿勢で、上司にはその勇気を褒める環境作りが求められます。「チャレンジ」はトライ&エラーを歓迎する姿勢で、「ファン」は自分だけでなく他者を助ける気持ち、そして助け合う気持ちを大切にしようという姿勢を意味します。

-改革を進める担当役員としての目標を教えてください

高崎 「この会社で良かった」「この仕事と出会えて良かった」と1人ひとりの社員が思えるような会社作りに、少しでも貢献していきたいと思います。ただしそのためには「会社の持続的成長」と「社員の幸せ」を両立させなくてはいけません。社員が幸せでなければ会社の成長はありません。また、社員も仕事に主体的に取り組むことで、会社の成長に充足感を得られるものだと思います。

 これらの改革は小さな1ミリの積み重ねだからこそ、1ミリでも多く動かしていきたいです。ネガティブな反応をされる時もありますが、「本当にできない? 1ミリくらいできない?」と粘り強く働きかけることが大事だと思います。自分はかなり諦めの悪い人間です(笑)。そして過去は否定せずに、周りが変わる手助けをすることが大事です。

-ありがとうございました
※訂正案内(編集部 2019年2月15日12時45分)
訂正箇所:第1ページ第4段落第2文
過去の役職の表記に誤りがありました。お詫びするとともに訂正いたします。
メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ