インタビュー:エクスペディア・アフィリエイト・ネットワーク(1)

使命はパートナーの成功
BtoBtoCも日本市場は高い潜在性

  • 2013年5月30日(木)

-オンラインの市場は拡大を続けています。今後の展望についてお聞かせください

朝原 まだまだ伸びると思う。特に日本市場の潜在性は高い。EANの提携の成功事例も増え、国内旅行ではユーザーもオンライン予約に慣れてきた。今後は海外旅行でもオンラインは拡大していくだろう。オンライン市場は、予約の方法なども変化していくので、旅行会社はスピード感を持ち、テクノロジーを活用しながら、ユーザーの動向を捉えていくことが大切になってくると思う。

 EANの従業員250名のうち半分が技術者。技術系の会社といってもいいと思う。エクスペディアの仕入れ担当も毎年増えており、在庫もさらに充実させている。EANの技術と在庫を組み合わせれば、いいサービスが提供できると信じている。


-日本市場ではどのような目標をお持ちですか

朝原 売上高を1000億円以上には伸ばしたい。EANとしては現在ホテルを中心にビジネスを展開している。航空券やDPはまだ先の話だろう。オプショナルツアーについては、エクスペディア・グループのなかで、それを専門に扱うトラベルエキスパートという会社が立ち上がり、EANと同様にBtoBtoCのプラットフォームを構築している。将来的には、その会社と日本の旅行会社がパートナーを組むことも十分に考えられるだろう。


-EANの成功の要因はどこにあるのでしょうか

朝原 まず、シンプルに独自のサイトを構築できる点にあると思う。また、大規模な事業として始めるのではなく、小さいことから始めて、できるところから改善していくというEANのスタンスも成功のポイントだろう。パートナーに安心して使ってもらうため、BtoCとは別会社でやっているのも信用を得ているところだと思う。

 また、消費者と旅行会社とでは、求める使い勝手は全然違う。海外の旅行会社と日本の旅行会社でも求めるものが違う。EANは顧客によって、API、テンプレートあるいはその組み合わせを提供し、そうした違いに柔軟に対応している点も大きいと思う。


-EANの長期的なビジョンをお聞かせください

朝原 EANがつくろうとしているのは旅行業界のトラベルクラウド。システムをクラウドにのせて、サービスを提供していければと考えている。また、現在でも月1回のペースで新しいバージョンをリリースしているが、パートナーのためにシステムを常に改良をしていかなければならない。パートナーから「ホテルを仕入れるならEANが一番いい」と思われるようにしていきたい。とにかく、EANの使命はパートナーに成功していただくことだ。


-ありがとうございました

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ