インタビュー:ツーリストエキスパーツ 高木英二氏

旅行者とのコミュニケーションで「ファン」増やす
添乗員として企画や販売のサポートも

  • 2012年8月21日(火)

-今までの経験を踏まえ、旅行会社に求めるものは

 旅行の現場をよく知っているのは添乗員。添乗員の目線から旅行会社に提案し、商品の改良に役立ててもらいたいと思っています。KNTのヨーロッパ商品造成チームとは定期的にミーティングを実施していますが、そうした機会を増やし、企画側に提案していきたいですね。現場を知るからこそ、売れる商品作りができるのではないでしょうか。

 提案が商品に反映された例もあります。2012年上期のヨーロッパ商品では、ドイツのローテンブルク城壁内ホテル確約のツアーで、希望者には夕食後、ライトアップされたローテンブルクの街を案内する、という一文を入れてもらいました。観光客があまりいない静かな夜、ライトアップされたローテンブルクの街を巡るのは中世の雰囲気が味わえるため、ぜひお客様にご案内したいところです。今までも希望者を募って案内をしていましたが、旅行中にチャンスは1度きりということもあり、皆さん必ず参加されています。


-今後の抱負は

 自分のファンがいる限り、添乗は続けていきたいと思っています。64歳という年齢もあり、時差などで体が辛いこともありますが、職場に出るとスイッチが入り、元気になります。マイクを持つと「現場に立っている」という実感がわきます。

 これからも、とにかく自分のファンを増やし、ホリデイにどんどんお客様を送客する。また、KNTの営業と一緒になって旅行商品を企画し、今までの添乗経験を生かしながら、他社に勝てる企画が立てられるよう、努力していきたいと思っています。


-ありがとうございました

インフィニ 123キャンペーン2019

メール新規登録
求人広告

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ