タヒチ、リカバリープランの一環でメガFAM開催-客層拡大への提案も

  • 2011年10月19日(水)

地域や島を分散して混雑回避
冬のシーズン対策も

ボラボラ島に劣らず美しいタハア島。ル・タハアはまだ日本人が少ない上質な隠れ家的リゾートだ  ワークショップに先駆けて実施されたプレツアーでは2つの班に分かれ、それぞれソシエテ諸島、ツアモツ諸島の島々を視察した。

 ソシエテ諸島のツアーは人気のボラボラ島のほかにタハア島やヨットクルーズといった新素材も含んだリゾート視察が中心。ツアモツ諸島のツアーではティキハウ島など“通好み”な島々が視察対象だ。TN旅客営業の古舘秀治氏によると、日本人の約半数はボラボラ島をめざすが、欧米人にも非常に人気が高いため、トップシーズンには部屋が取りにくくなる。他の島に客を分散することができれば混雑を緩和することが可能だ。

 また、一般にソシエテ諸島が雨季(冬場)でも、ツアモツ諸島では気候が違うためそれほどの雨量ではない。こうした地域の商品を強化することで「雨季を理由に冬場のタヒチを敬遠するお客様の印象を変えることができれば」とアイディアを語った。


取材協力:タヒチ観光局、エア・タヒチ・ヌイ
取材:岩佐史絵
エルアルイスラエル航空
メール新規登録
求人広告

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ