大韓航空のLCC、7月に初便を運航へ−金浦/済州線から拡大めざす

  • 2008年5月16日(金)
 大韓航空(KE)の格安航空会社(LCC)のエアコリアは、7月に初便の運航を開始する。路線はソウル(金浦)/済州線で、ボーイング737-800型機、総座席数189席の機材を活用する。それ以外に、釜山線を運航する計画で、今年中にB737-800型機をさらに2機、来年にはエアバスA300-600型機、総座席数292席を2機、加える計画だ。昨年11月の発表では、国際線では東京を除く日本、タイ、マレーシアなどオープンスカイを採用し、就航の障壁が低い地域への乗り入れを計画している。

 コリアエアでは社員採用も進めており、6月初旬までに70名を採用する計画で、就航を予定する済州、釜山に事務所を確保し、運航に向けて準備を進めている。旅客の搭乗に関しては、チェックイン時間の削減のため、個々の搭乗客に対して座席番号は指定せず、客室内を3つのゾーンに分け、空港への到着順に案内する方式を採用する。

 販売方法は、全て6月中旬に稼動する予定のインターネットで完結する予約販売を行い、コールセンターを確保しないことで、運営コストの削減を図る。その一方で、安全面については、機体整備などKEにアウトソースする計画で、メリハリをつけたコスト構造とし、「通常のローコストキャリアではなく、オペレーションに必要な本質の部分はプレミアレベル」の航空会社をめざすという。


▽関連記事
大韓航空、LCC運航開始は来年5月から−中国、日本、タイ、マレーシアへ(2007/11/26)

大韓航空、LCC設立を明言−機材はB737型機で短中距離国際線に就航(2007/06/05)
ベルトラ1
メール新規登録
求人広告

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ